ラッ子くんLIFE

日頃から失敗だらけの僕が、人生をどうにかするために向上心とともに日記を書いていく!!ってスタイルのブログにしたいと思っております

ネタバレ注意!映画『夜は短し歩けよ乙女』の原作とは違うところは?

f:id:seaotterman:20170407044704j:plain

4月7日公開の映画夜は短し歩けよ乙女を数日遅れながら観てまいりました!

 

観て思ったのですが、原作と異なる箇所が多々あったので忘れぬうちに覚えている範囲で書き留めておきます。観ていない方にはネタバレになってしまいますのでご注意ください

 

是非興味のある方は原作の方も読んでみてください。映画が何倍も面白く感じますよ^^

夜は短し歩けよ乙女 [ 森見登美彦 ]

価格:604円
(2017/4/16 17:38時点)
感想(135件)

電子書籍版はこちらです。

夜は短し歩けよ乙女 映画カバー版【電子書籍】[ 森見 登美彦 ]

価格:583円

目次

 

 

映画化での変更点

すべてが一夜の出来事になっている

原作では全四章編成で、その四つの章に春夏秋冬の時期が割り当てられています。しかし、映画では四章編成は変わらないものの、一夜の出来事ということになっていました。

 

ここの変更点にはちょっとびっくりしました。夜長いな・・・ってなりましたね。あとは、一夜の出来事なので当たり前ですけど、ずっと夜だな・・・っても思いました。しかし章の間はスムーズに進行していたのですんなり受け入れなれると思います。

 

冒頭の祝いの会より前からナカメ作戦を実行していた

一夜の出来事に変更になったからなのでしょうか、先輩は冒頭の祝いの会の時点で乙女との外堀りをけっこう埋めていたようです。つまり物語の始まり以前から先輩と乙女との外堀は埋まっていたんですね。一夜の出来事で外堀りを埋めきるのは至難の業ですから、この変更には納得ですね

 

おともだちパンチが母直伝になっていた

細かいところですが、おともだちパンチが原作では姉直伝に対し、映画では母直伝に変更されていました。さらに、乙女は武道を嗜んでいたという追加要素もありました。

 

一章で先輩は東堂さんにズボンを恵んでもらえなかった

原作では東堂さんが古本屋から古着を借りてきて先輩に恵んであげるのですが、映画では同じシチュエーションにも関わらず、東堂さんは先輩に古着を恵んであげることはありませんでした。

 

先輩は黒髪の乙女のおともだちパンチを食らう

飲み比べの後、李白の電車の屋上にて、原作で先輩は「大丈夫ですか」と乙女に声をかけられるのですが、映画では東堂さんにズボンを恵んでもらえなかったこともあり、半裸で乙女に会ってしまったのでおともだちパンチを食らう破目になりました。先輩可哀想です。

 

飲み比べの時点で李白さんは人生に不満を抱いていた

原作では乙女の「お幸せですか」という問いに李白さんは「無論」と答えていますが、映画では「人生は孤独なもの、苦しいもの」などと悲観的でした。

 

飲み比べ後の屋上で緋鯉が降ってくることはなかった

一章の大きな変更点です。映画ではこれのせいで、先輩が降ってくる緋鯉とぶつかり乙女に「大丈夫ですか」と声をかけられることも無くなり、おともだちパンチを食らう破目になるのですが。緋鯉はいつ降ってくるのかというと三章の文化祭です。

 

ちなみに、原作では緋鯉が降ってきた屋上で東堂さんは乙女におともだちパンチ食らっていますが、映画では乙女が飲み比べに勝ち、借金が帳消しになった直後に食らっています。理由はどちらも乙女に接吻しようとしたからですね。けしからん東堂!

 

一章の宴会後、すぐに古本市に向かう

映画では飲み比べが終わって、その後の宴会も終わったあと、乙女と樋口さんと羽貫さんは川を見ていると古本市のチラシが流れてきます。それを見た乙女がラ・タ・タ・タムを突然思い出し、そのまま古本市に出かけます。

 

還暦祝いの席で樋口さんが芸を見せるも受けなかった

盛り上がりに欠けていた還暦祝いの席で樋口さんは芸をするのですが、原作では浮遊術を使い天狗さながらの妙技を披露し店全体を盛り上げたのですが、映画ではインチキ浮遊術を披露し幻滅されます。

 

年齢ごとに時間の流れが違う

乙女の時間の流れは普通なのに対し、還暦祝いの方たちは自分のしている時計の時間の流れが極端に早く、人生に時間がないことを嘆いていました。ちなみに李白さんの時計は滅茶苦茶早いです。この表現は原作には全くありませんでしたので、映画の完全オリジナルの仕様となります。

f:id:seaotterman:20170407050458j:plain

 

続きはこちらからご覧ください

seaotterman.hatenablog.com

 

 原作(小説)の見どころピックアップです。これをを見ていただくとより映画が楽しめると思います^^

seaotterman.hatenablog.com

 

またね~

 

お勧めですよ!!

夜は短し歩けよ乙女 [ 森見登美彦 ]

価格:604円
(2017/4/16 17:38時点)
感想(135件)

電子書籍版はこちらです。

夜は短し歩けよ乙女 映画カバー版【電子書籍】[ 森見 登美彦 ]

価格:583円